相続放棄の手続き

044-863-7487

お問い合わせはこちら

営業時間 平日9:00~21:00
土・日・祝 10:00〜18:00

相続放棄の手続き

相続放棄の手続き報酬

相続が開始した場合,相続人は次の三つのうちのいずれかの手続きを選択できます。

  • 1. 相続人が亡くなった方(被相続人)の土地の所有権等の権利だけでなく借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認
  • 2. 相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄
  • 3. 被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認

相続人が,2の相続放棄又は3の限定承認をするには,家庭裁判所にその旨の申述をしなければなりません。ここでは、2の相続放棄の手続きについてご案内します。


相続放棄の流れ図

相続放棄の費用

3カ月の熟慮期間経過前の相続放棄

相続放棄料金表

項目 ライトプラン ミドルプラン フルプラン
相続放棄
状況ヒアリング
(無料相談)
1回 1回 何度でも無料
戸籍収集 △(10,000円)
相続放棄
申述書作成
書類提出代行 ×
照会書への回答
作成支援
×
受理証明書の
取り寄せ
× ×
債権者への通知サービス × ×
債権者対応アドバイス × ×
親戚への相続放棄
通知サービス

 

家族・親族割引
(2人以上依頼割引)

 

× × 2人目以降
20%OFF
費用 4,500円 40,000円 50,000円

※上記プランでの戸籍収集は5通までとします。それ以上の収集が必要な場合には、1通につき1,000円の報酬が発生します。

※上記以外に、裁判所への印紙代・戸籍謄本代・郵送費等がかかります。

3カ月の熟慮期間経過後の相続放棄

1件につき70,000円

2人目以降は、20%OFF

※業務内容は、上記のフルパックと同様となります。

 

相続放棄Q&A

相続放棄ができるとされる3ヵ月の期間が過ぎてしまいました。もう相続放棄はできませんか?

相続放棄は、「相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内にしなければならない」というのが
原則です。
しかし、3ヵ月が過ぎてしまったからといって絶対に相続放棄ができないというわけではありません
例えば、財産も負債も何もないと思いそのままにしていたら、突然知らない会社から請求が来て、初めて被相続人に借金があったことを知ったような場合は、3ヵ月経過後でも相続放棄が認められることがあります。
3ヵ月経過後でも実際に相続放棄が認められているケースは数多くございます。まずは、専門家にご相談下さいませ。

相続放棄をすると、生命保険金は受け取れないのでしょうか?

生命保険金の受取人が誰になっているかで異なりますが、受取人が「相続人」となっている場合には、その保険金は相続財産には含まれず、あくまで受取人の方の固有の財産となりますので、相続放棄をしたとしても、保険金は受け取ることができます。
ただし、保険金の受取人が「被相続人(亡くなった方)」になっている場合には、相続財産に含まれますので、相続放棄をすると保険金は受け取ることができません
保険金を受け取っている場合で相続放棄を検討されている場合には注意しましょう。

お問い合わせバナー