相続手続きの流れ

044-863-7487

お問い合わせはこちら

営業時間 平日9:00~21:00
土・日・祝 10:00〜18:00

相続手続きの流れ

被相続人の死亡による遺産相続手続きが開始された場合には、主に次のような流れで手続きを進めていきます。

ただし、相続の内容によって順番どおりにはなりませんので、ご了承下さいませ。

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ詳細

1. 被相続人の死亡

被相続人の死亡により、相続手続きが開始されます。

遺言書が残されている場合には、被相続人の死亡により、原則として被相続人の遺産が遺言書によって財産を譲り受ける受遺者に移転する効力が発生します。

2. 相続人・財産・負債・遺言書調査

相続が開始された場合には、相続人・財産・負債・遺言書の調査を行います。

被相続人が生前にエンディングノートなどのメモを残してあれば参考にしますが、被相続人自体も把握していない情報があるかもしれないので、被相続人の出生から死亡までの戸籍の収集、固定資産税の納税通知書、被相続人の自宅の調査を行いましょう。

また、負債については、信用情報機関に問い合わせれば、金融機関・サラ金業者・クレジット会社の負債については教えてもらうことができます。

遺言書についても、公証役場にて遺言書を作成された場合には、検索システムがあるので、最寄りの公証役場にて調べてもらいましょう。

3. 相続放棄・限定承認期限

相続放棄・限定所運の手続きは原則として、被相続人の死亡を知ってから3か月以内に行う必要があります。
相続放棄・限定承認は、家庭裁判所における手続きとなります。

4. 所得税準確定申告期限

年の途中で死亡した人の場合には、相続人が、1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告と納税が必要です。
これを所得税の準確定申告といいます。

5. 遺産分割協議

相続人・相続財産の調査等が終了したら、複数の相続人がいる場合には、遺産分割協議により各相続人が取得する遺産を決めます。

ただし、被相続人による遺言書が残されている場合には、原則としては遺言書どおりに遺産を承継します。

また、法定相続分どおりに遺産を承継する場合にも遺産分割協議は必要ありません。

6. 相続税申告期限

相続財産が基礎控除を超える場合には、被相続人の死亡の翌日から10か月以内に相続税の申告が必要となります。

7. 相続財産の名義変更・解約

遺産をどの相続人が承継するかが遺産分割協議などで決まった場合には、不動産については相続登記を、自動車については名義変更、預貯金については解約する必要があります。

8. 遺産相続手続き完了

上記手続きが全て完了すれば、遺産相続手続きも終了となります。

お問い合わせバナー